後遺症と慰謝料

未分類

通院交通事故によって発生する慰謝料については、大きく2つの種類に分けることができます。一つは傷害慰謝料で、もう1つは後遺障害慰謝料です。この2つについてそれぞれどのような意味を持っているのかについて簡単に紹介します。前者、傷害慰謝料については、基本的に通院期間や入院期間に応じて発生する慰謝料となっています。日数ベースで計算される場合が多いですが、この計算の内容については保険会社や弁護士によって多少の違いがあります。この他にも事情によって金額が変動する場合があります。

そしてもう1つの慰謝料である後遺障害慰謝料というのは、事故によって後遺症が残ってしまった場合に発生することになる慰謝料です。これについては等級が設定されており、この等級に応じてどの程度の金額が請求できるのかが変わることになります。この等級は後遺障害について適正な賠償金(慰謝料)を受け取るための大事な基準となってきますので、後遺障害認定についてはしっかりと受けるようにしましょう。

後遺障害の等級とは,痛みなどの後遺障害が残ってしまったときに,適切な賠償金をもらうための大切な基準です。認定された等級に応じて慰謝料や逸失利益といった賠償金額が算出されるため,後遺障害が何級に該当するかは,非常に重要です。

最も大きな障害として設定されている1級では、例えば完全な失明や高次脳機能障害などが含まれることになります。こちらでは最大で1800万円程が請求の対象となります。逆に最も少ない後遺障害として判定される14級では32万円前後が賠償請求の金額として設定されており、一口に後遺症といってもその内容が様々であることがわかります。

交通事故の損害賠償

未分類

事故交通事故によって発生する被害というのはその事故の内容によって様々です。かすり傷程度の軽症で済むこともあれば、寝たきりになってしまうほどの重傷を負ってしまう可能性も十分考えられるためです。それでは、実際に交通事故によって後遺障害を負う事になってしまった場合、どのようなことを考えるべきなのでしょうか。

交通事故の被害を受けた場合に考えるべきこととして、損害賠償があります。交通事故を起こした側は刑事によっても裁かれるケースが多いですがそれとは別に民事によっても賠償の請求を行うことができるため、どのような内容で請求を行うことができるのかについては確認をしておくのが良いでしょう。それでは、どのような内容のことを考えることができるのでしょうか。

交通事故による損害賠償については、まず治療費を請求することができます。事故がなければ必要なかった金額であるため、基本的に治療費は全額請求の対象となります。これに加えて、治療の為に必要となる交通費などのその他の費用についても請求の対象となることは覚えておくと良いでしょう。そしてこれらとは別に発生することになる損害賠償が、精神的苦痛に対する損害賠償である慰謝料となります。

交通事故と後遺障害

未分類

都内などにおいては自家用車を保たずに、公共交通機関に頼って生活しているという方も少なくありませんが、まだまだ地方においては車社会の状況が続いています。このような場所では特に車の重要性は高く、あるとないとでは便利さに大きな違いが生じることでしょう。ただ、この車というのは便利なものであると同時に危険なものでもあります。トン以上の重量を持っているようなものも多く、これがスピードを持った状態で動いているということを考えると、ぶつかるなどすれば如何に大きな問題が発生するのかは想像に難くありません。

松葉づえ実際、このような交通事故が原因となって、大きな被害を負ってしまう人というのは残念ながらまだまだ多く存在しています。自動運転車などが話題になるようになって交通事故の被害の数が減ることが期待されていますが、今はまだその時代ではなく、当たり前のように事故に遭ってしまう可能性があります。それでは、そんな交通事故に遭ってしまった場合、どのようなことが起こる可能性があるのでしょうか。

交通事故の被害に遭ってしまった時、特に考えるべきことが多いのは「身体障害」を負ってしまった場合です。死亡事故が最も重い交通事故であることは間違いありませんが、この場合はその後考えることはありません。障害が残ってしまった場合については、辛いながらも自分で考えなければならないことが多くあります。ここでは、交通事故と後遺障害について紹介します。