交通事故の損害賠償

未分類

事故交通事故によって発生する被害というのはその事故の内容によって様々です。かすり傷程度の軽症で済むこともあれば、寝たきりになってしまうほどの重傷を負ってしまう可能性も十分考えられるためです。それでは、実際に交通事故によって後遺障害を負う事になってしまった場合、どのようなことを考えるべきなのでしょうか。

交通事故の被害を受けた場合に考えるべきこととして、損害賠償があります。交通事故を起こした側は刑事によっても裁かれるケースが多いですがそれとは別に民事によっても賠償の請求を行うことができるため、どのような内容で請求を行うことができるのかについては確認をしておくのが良いでしょう。それでは、どのような内容のことを考えることができるのでしょうか。

交通事故による損害賠償については、まず治療費を請求することができます。事故がなければ必要なかった金額であるため、基本的に治療費は全額請求の対象となります。これに加えて、治療の為に必要となる交通費などのその他の費用についても請求の対象となることは覚えておくと良いでしょう。そしてこれらとは別に発生することになる損害賠償が、精神的苦痛に対する損害賠償である慰謝料となります。